エクセルトップ画像

式を後で名前に変更する技

エクセルで式を後からセルの範囲を名前に変更する方法

  • セルの範囲を指定して
    作った式を後からセルの範囲を名前に変更する方法です。
    範囲を名前に変更しておくと
    別のシートにあるデータの参照が楽になります。
  • 1、名前に変更する範囲をマウスでドラッグして指定します。
    2、名前ボックスに、その範囲の名前を入力します。
    3、合計など結果を表示するセル(式があるセル)をクリックします。
    4、メニューの「挿入」→「名前」→「引用」と進みます。
    5、開いた画面に表示されたリストから名前ボックスに入力した名前を選択します。
    6、「OK」ボタンを押して完了です。
    式のセルの範囲が名前に変わります。

このページの先頭へ