エクセル他OfficeファイルをPCとスマホ(mobile)で共有する方法(OneDrive)

エクセルの同期PC用OneDrive
気になったらシェア!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest

エクセルのブックやファイル他Officeのファイルを
パソコンやスマホ・タブレットなどのモバイル端末と
共有して常に同じ内容のファイルを開き編集も可能にする方法です。

これを可能とするには利用する端末それぞれにOneDriveのアプリを
インストールするのがベストかと思います。

無料で出来る範囲はPC2台とモバイル2台まで!
商用で使うには有料登録が必要となります。

※それぞれ同じマイクロソフトアカウントでログインすればOKです。
※エクセルで利用する場合はエクセルのアプリもインストールします。

■詳細説明です。

★パソコン
パソコンのOSがWindows8.1以降の場合は購入時にプリインストールされています。
WindowsのストからOneDriveダウンロードできます。
Windows 8/7/Vistaの場合はOneDriveデスクトップアプリをインストールします。
 ※ストアアプリは購入というボタンになっていますが、無料です。

インストールが完了したパソコンには次のようにOneDriveのフォルダが出来て
こに入れたファイルが自動で更新(同期)され共有可能となります。
エクセルの同期PC用OneDrive

★iPhone/iPad

iPhone/iPadはAppStoreからOneDriveアプリをダウンロードできます。
同時にエクセルのアプリもダウンロードしておきます。
OneDriveアプリをダウンロードする

OneDriveアプリを開いた画面です。
パソコンと同じファイルが同期されています。
iPhone用OneDriveアプリ画面

この中から一つのエクセルのファイルを選択してタップしてみます。
エクセルではないCSVのような罫線のないデータだけの画面が開きます。
その上のエクセルのマークのアイコンをタップします。
エクセルを開くアイコン

エクセルのアプリが開き編集もできます。

右端のメニューアイコンをタップすると次の一覧が開きます。
OneDriveアプリのメニュー

削除・移動・別のアプリで開くなどが可能です。
この状態はネットに接続して開いている状態なので
オフラインで利用可能にするをタップして
何処でも即 開きたいファイルは接続のない状態でも利用できるようにすると便利です。

長押しタップからの操作!
先の説明では利用するファイルをタップしましたが
長押しするとファイル選択画面が表示されます。
ファイルの並べ替え方法

「並べ替え」ではタップすると
名前(昇順)(降順)新しい順・古い順・大きい順・小さい順
のメニューが登場して選択ができます。

長タップしたファイルが1つ選択された状態から
上のメニューをタップすると次のメニュー一覧が登場します。
サブメニューを表示する

このメニューからもエクセルを開いて編集へと移動できます。

無料で利用していると次のようにプレミアムに移行しましょうが登場することがあります。
プレミアム登録の要求画面

プレミアムとは有料のOffice 365 soloを契約となり
12,744円の1年契約(1.274円/月)を要求するものです。
商用利用他に大きな画面(10.1インチ以上)で利用可能となります。

エクセルのファイルを開いてからの操作は基本操作で確認ください。

★androidスマホで利用

androidも無料でPlayストアからダウンロードできます。
操作はiPhoneに近いので違う点を説明しておきます。

アプリを開いた画面はiPhoneと同じように同期ファイルの一覧が表示されますが
右下に「+」のファイル追加アイコンがあります。

メインのメニューが左上にあります。
これをタップで次のようなメニューが表示されます。
androidのOneDriveアプリ

各ファイルを開くのはワンタップでiPhoneと同じです。
違うのはエクセルで開く場合に右下にエクセルのアイコンがあります。
androidでエクセルを開くアイコン

この画面の状態で右上のメニューをタップすると
別のアプリが開く・保存・オフラインを維持・印刷から選択できます。

iPhoneとandoroid両方を使ってみると
OneDriveの操作はandroidのほうが直観的に分かり易い操作のような気がしました。

エクセルのファイルを開いてからの操作は基本操作で確認ください。
 ※iPhoneのエクセルアプリで説明しています。android用の説明は後ほど追加となります。

気になったらシェア!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on Pinterest