エクセル

自作の連続データを挿入する

  • 下の図の左の操作をすると、その右の図のように連続したデータを簡単に挿入できることを知っている方は多いと思います。

    ここでは、さらにステップアップして自作連続データの挿入のしかたを説明します。

    エクセルの基本操作

    まず、初心者の方のために、基本的な操作を上の図で説明します。

    1、適当なセルに1月と入力し、「Enter」キーで確定ます。

    2、そのセルの右下の角にマウスを合わせると上の図のように、マウスの形が 「+」に変わります。

    3、その状態でクリックしたまま、マウスを下へ移動します。(ドラッグする)

    4、入力したい月まで移動したら、マウスから手を離します。

     次は、データの長い都道府県の連続データを挿入する設定例へ続く。

  • 1、下の表の北海道の文字の前でマウスをクリックし、そのままマウスを下の 沖縄まで移動(ドラッグ)して、マウスをクリックします。
    表示されたツリーの中の「コピー」をクリックします。

    これは、ホームページからデータをコピーする方法です。

    北海道  
    青森県  
    岩手県  
    秋田県  
    宮城県  
    山形県  
    福島県     
    茨城県  
    栃木県  
    群馬県  
    埼玉県  
    千葉県  
    東京都  
    神奈川県    

    2、エクセルを開き、適当なセルをクリックし、貼り付けを実行します。

    北海道から沖縄まで、貼り付けできました。3へ続く!

  • 3、メニューの「ツール」→「オプション」と進み、次の図の画面を表示します。

    ユーザー設定リスト」のタブを開きます。

    エクセルユーザー設定

    (操作は上の図の1,2,3、の順番で行います。)

    4、この画面の「ユーザー設定リスト」の、「新しいリスト」をクリックします。

    5、「リストの取り込み元範囲」の右の「2」で赤丸してあるボタンをクリックします。

    6、取り込み範囲を入力するツールが表示されますが、それを無視して先ほど貼り付けした北海道から沖縄までをドラッグして、「Enter」キーを押します。

    7、元の画面に戻り、範囲が入力されましたので、「インポート」ボタンをクリックします。

     これで、リストに都道府県が追加されましたので、次回より北海道と最初に入力するだけで、都道府県の連続データが簡単に入力できます。

     ちなみに、このページの都道府県の元は、手入力するのが大変なので全国地図の都道府県一覧のホームページからコピーしたものをメモ帳に貼り付け、一列に改行して編集したものです。

     このように、長いデータはホームページからコピーして編集する方が早いです


エクセルのテンプレートのお知らせ

「エクセル テンプレート」のサイトでは 仕事に役立つエクセルのテンプレートを198種類ダウンロードできます。
関数の勉強にもなるので、エクセルの講座にもご利用ください。

★ご利用上のご注意!

当サイトのエクセルテンプレートは個人でのご利用と改変も自由ですが、 著作権は放棄しておりません。他のサイトからの直リンクでのダウンロード または、他サイトの作品としてのご利用はできません。 社内でのご利用も自由ですが上記の条件にご注意ください。

サイトの切り離しについて

エクセルの初心者用の入門、使い方のサイト。他の作者による新着のテンプレートサイトにつきまして、それぞれの専門サイトとして当サイトから切り離しました。 削除したわけではありません。

リンクについて

相互のリンクにつきましては「Google+」の「相互リンクコミュニティ」より、ご希望をいただいた場合のみ実行する予定です。

ページの移動

サブコンテンツ

このページの先頭へ