エクセルトップ画像

エクセルの複数セル未入力時のエラー修正技!



データ未入力時の#DIV/0!を解決する技

  • 下の図はエクセルに入力されたデータの数値の合計から平均を表示する表です。 平均を表示する関数としてAVERAGE関数を使用しています。図の上と下の表を見比べてください。
    どちらも同じ表ですが、
    上の表はデータが未入力のためエラー表示 #DIV/0!が表示されてしまいました。
    平均を表示するAVERAGE関数
  • 次の表はその部分を修正して、データが未入力の場合に何も表示しないようにしたものです。
    エクセルのデータが未入力でもエラーを表示しない修正画面 このエクセルの関数は判定の結果が表示されるセルに、=AVERAGE(D3:H3)と入力しています。
    これは、平均値をもとめる範囲をセルD3からH3までの範囲に指定したものです。
    最初の図の下の表は、数値が入力されたので、平均値を表示しています。
    しかしこのままでは、
    E2のセルが未入力であった場合は、上の表のようにエラーを表示します。
    2番目の図はこのエラーを修正した表です。
     式は  =IF(ISERROR(AVERAGE(D3:H3)),"",AVERAGE(D3:H3)) となります。
    赤文字の部分が追加されています。  IF の意味は もしも です。
    ,"", の意味は 何も表示しない です。
    ISERROR は 対象のセルがエラー値のときに使う関数。

    もしも、D3~H3のセルが、エラーとなる数値(この場合は数値がない)の時は、
    D3~H3のセルに何も表示しないという意味の式です。
    ちなみに、,"",  "" の部分を 0 にすると、数値が未入力の場合は 0 を表示します。
    AVERAGE関数以外の関数でも使用できますので、試してみてください
  • エクセル2013/2016で作業した例を動画でアップしました。


エクセル2013以降の操作はセル内の設定や数式バーに表示する内容に変更を加える場合は旧バージョンのエクセルと、ほぼ変わりません。
エクセルの各メニューからリボンを表示して操作する方法に違いがありますので、その方法で操作する場合は使い方を追記したいと思います。
エクセル2013以降のバージョンでは上部にならぶメニューからの操作が「ファイル」メニューから開く操作へと変わっている場合もあります。

このページの先頭へ