エクセルトップ画像

エクセルの数値に文字を追加して表示する技

    エクセルでは数値は数値のセルに!文字は文字を入力するセルと分けて使い!
    そのセルに入力したのが数値なのか文字なのかを区別することで>
    数値の計算式が有効となります。

    具体的には
    100円と表示したい場合はA1のセルに100と入力し、B1のセルに円と入力することになります。
    もしも
    数値のセルに文字も付け加えて100円と入力すると、このセルは文字が入力されているという判断になります。

    この問題を解決できるのが、今回の方法で100と入力しただけで100円と表示されるようになり便利です。

  • 初心者用の説明もあります
    計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
    関数の基本についての説明(旧版)はこちら


数値を入力だけで文字を追加表示する方法

  • エクセルのセルに100個というように文字と数値をそのまま
    入力してしまった場合は、数値でなく文字として
     扱いされるので、計算ができなくなります。

    100と入力すると100個というように表示するように
    数値を入力するだけで文字を追加して表示する方法です。
  • 数値に自動で文字を追加して表示する方法
  • 1、数値を入力する範囲をマウスで選択します。
    2、範囲を選択した状態で右クリックします。
    3、表示されたリストから「セルの書式設定」をクリックします。
    4、開いた画面の「分類」リストの「ユーザー定義」をクリックします。
    5、種類に「#,##0"個"」と入力します。
    6、OKで確定したら完了です。

    エクセルの表が直観的に分かり易い数値表示となり、毎回「個」を他のセルに入力する手間も省けて時短にもなりますね!
    決まった単位の数値であれば、是非ご活用ください。


このページの先頭へ