エクセルトップ画像

エクセルのセルの範囲を指定する特殊な方法

    エクセルで利用するセルを選択する場合はマウスで選択が通常ですし早いです。

    これをキーボードでセル番号を入力して指定するのが、このページでの説明となります。

    しかし、この方法を使うメリットはあるのでしょうか?そんな疑問が先に出てきそうです。

    大きなメリットとして今表示されている画面の範囲を大きく外れる位置まで選択したい場合に効率的です。

    マウスでずっと下の位置までスクロールして選択するよりもずっと早く完了し時短になります。

    とても簡単な方法なので一度試してみてください。

  • 初心者用の説明もあります
    計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
    関数の基本についての説明(旧版)はこちら


小ウィンドウで結果を確認

  • ★キーボードでセルの範囲を選択する方法です。

    次の説明用の画像のようにエクセルでA1からC5の範囲を選択する場合は
    エクセルの名前ボックスに 「A1:C5」と入力すればOKです。


    これだけです。
    これだけで完結してしまう簡単な方法ですが
    今見えている範囲内でセルの範囲を選択する場合は当然マウスのほうが早いです。

    あくまでも広範囲の選択手段として利用することにメリットがある方法です。

    知っていると役に立つ場面は多くあると思います。


このページの先頭へ