このページではマイクロソフトのエクセルに入力したデータの列を都合の良い場所に自由に入れ替える方法をお知らせしています。
例えばA・B・Cと並んでいる列をA・C・Bという順に一発で入れ替えが可能です。
この方法は直接セルの列に作業を加えるので、エクセルのバージョンに関わらず同じ手順で実行ができます。

初心者用の説明もあります
計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
関数の基本についての説明(旧版)はこちら

エクセルのシートで指定した範囲のセルをその左右の列のセルとまるごとデータを入替えしてしまう技です。
 B列とC列の範囲を入替える例で説明します。
エクセル2013/2016も同じ方法で実行できます。

エクセルのセル移動

1、まず、入替えるセルの範囲を指定して手を離します。

2、その状態で「Shift」キーを押したままマウスをB列とC列の間に合わせるとマウスが十字に変化します。
 ※上の画像に表示されている十字の位置になります。
 ※最上部の列番号のところの区切りに合わせてしまうと単純にセル幅が変わるだけになるので気をつきてください。

3、クリックから、そのままドラッグしてC列とD列の間までマウスポインターを移動します。
  ※ 縦の罫線が点線になります。(エクセル2016では点線に変化しません)
  ※ エクセル2016では緑の縦ラインが表示されます。

4、手を離したらエクセルのセルが入れ替わります。
  ※ セルの中間でラインが横に表示された状態で手を離すと、その位置の下に移動していまいます。

これでこの技は完了です。できましたか?

上の説明ではエクセルの列の間にマウスを合わせてドラッグする方法で紹介していますが
移動する列の範囲を指定した上部のABCの列番号とセル間にマウスを合わせて操作してもよいです。

それでは列でなく行間の移動はどうなのかというと同じように上や下へ移動しての入れ替えもできます。

この方法はエクセル2016でも確認でき、上手くできました。
操作事態が基本的なことなので、どのバージョンのエクセルでも可能と思います。
操作を間違えて結果が予想外なことになったとしても、慌てず戻るボタンのクリックで元に戻れます。

単純に入れ替えるだけでなくデータのない列に移動という操作もこれで可能です。
この方法知らない場合は列まるごとセルの切り取り後に列の追加で張り付けという面倒な操作になりますが
この裏技を使えば、ほぼ2アクションで完了してしまうので便利です。
※入れ替えたいデータの上下に別のデータや項目がある場合はこの方法が使えない場合があります。

このエクセルの説明は左クリックでドラッグするものですが
右クリックして移動した後にマウスから指を話すとメニューが登場します。
メニューには上や下へシフトして移動・ここにコピー・値のみをコピー・
書式のみをコピー・ここにリンクなどありますので、目的に合わせて利用できます。

行間や列間の入れ替えではなく行と列を入れ替えるには 入れ替える表の範囲を選択して、右クリックのメニューから
形式を選択して貼り付けをクリック→行列を入れ替えるにチェックを入れてOKをクリックで可能です。
※これは表全体の行と列が入れ替わるので1列や1行の入れ替えではありません。

テンプレートご利用上の注意事項など

このサイトのエクセルテンプレートご利用についてダウンロード後のご利用条件とサポートについての説明です。

ご確認ください
  • 無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
  • 編集や改変は自由ですが配布は自由にできません。
  • このサイトでダウンロードされた方のみご利用いただけます。
  • ご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。
  • エクセルテンプレートの編集や改変・印刷した書類にミスがあった場合はご利用者自身で解決をお願い致します。
  • 当サイト管理者はご利用についてのトラブルに一切の責任を負わないものとします。
  • 全て自己責任にてダウンロードとご利用をお願い致します。

エクセルフリー サイト運営

サイト管理者

エクセルのテンプレート・裏技・エクセル入門・使い方(初心者用)の管理者です。

ジュノーインターリンク(Juno Inter Link)

エクセルの新規作成・更新ブログ

  • ブログでは作者別のエクセルテンプレートを紹介しています。
  • これらは個別の説明ページに作者名を明記しております。