エクセルトップ画像

エクセルのスクロールバーの便利技

    エクセルではセルに入力したデータが縦や横方向に多いと
    スクロールバーは小さく表示されてデータの最下部へスクロールで移動できます。

    しかし時にはデータが入力されてないずっと下へ移動する必要があります。

    そんな時にスクロールバーを小さく表示してスクロール範囲を広げ
    自由に目的の位置にスクロールで移動できる方法の説明です。

    これ知っていると約に立つことは多いので便利です。
    簡単に実行できますし、どのエクセルのバージョンでも利用できます。

  • 初心者用の説明もあります
    計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
    関数の基本についての説明(旧版)はこちら


強制的にスクロールバー表示

  • エクセルでは開いた画面の範囲を超えるデータがないとスクロールバーの
    サイズが大きく空白の範囲へスクロールすることができません。
    Shift」キーを押しながらスクロールバーをクリックすると
    スクロールバーが小さくなり、表示範囲を超えた位置までスクロールできます。
  • エクセルのスクロール範囲を広げる方法
  • 元のサイズに戻すにはスクロールバーをドラッグして
    一番上まで移動して手を離した位置で元に戻ります。

    とっても簡単にできますよね!ぜひあなたのエクセルでもお試しください。


このページの先頭へ