エクセルトップ画像

エクセルの条件に合わせ色付表示させる技

    このページではエクセルで指定した条件より大きいや小さいなどの条件に合わせて自動で文字色を変える方法をお知らせしています。

    実例としてセルに入力した数値が60より小さい場合は赤色!大きい場合は標準色を表示する例で説明しています。

    数値や色や条件を変えることにより目的に合わせた利用方法の活用ができます。

    例えばテストの点数で、これ以下なら赤または〇点以上は青とか目標金額に合わせて〇〇円以下なら赤や黄色とかできます。

  • 初心者用の説明もあります
    計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
    関数の基本についての説明(旧版)はこちら


書式設定で色付の文字を表示

  • エクセルである件付に合わせて文字の色を変えて表示する場合は
    条件付書式設定」で設定を行うのが普通ですが
    セルの書式設定」の「表示形式」タブから
    設定をする方法です。
  • 例 数値が60以下なら赤色で表示する
    エクセルで条件に合わせて色を変える方法
  • 1、エクセルで設定するセルを右クリックします。
    2、リストから「セルの書式設定」をクリックします。
    3、「表示形式」タブの「分類」リストから 「ユーザー定義」をクリックします。
    4、「種類」のフォームに次のように入力します。 「 [][<60]G/標準 」
    5、「OK」ボタンを押して完了です。
     色は[]の他[]や[]というように変えることができます。
     ※この条件を外れる場合は文字が表示されません。
     60以上の条件にする場合は[<60][>60]に変えてください。


このページの先頭へ