エクセルの表で選択した範囲に影を付けて3Dぽい感じに見えるようにする方法です。

影が付くことで、その部分は浮き出たように見え重要な部分を目立たせることができます。

旧バージョンのエクセルは画像を使い説明していますが、最新バージョンは動画説明もしています。

地味なエクセルの画面をワンクラスアップした見せ方をすることにも役立ちます。

初心者用の説明もあります
計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
関数の基本についての説明(旧版)はこちら

エクセルで選択した範囲のセルに影を付ける方法です。

1、メニューの「表示」→「ツールバー」→「図形描画」を
 クリックして「図形描画」のツールバーを表示します。

2、影を付けたいセルの範囲をマウスでドラッグして選択します。

3、「図形描画」ツールバーの「影付きスタイル」

4、表示されたリストから好みの影をクリックしてください。

エクセル2013での操作方法は下部の動画を参照!

エクセルのセルに影を付ける方法

エクセル2013で実行した動画をアップしました。
下部に追記説明をしていますので、合わせてご確認ください。

エクセル2013以降のバージョンでは「挿入」タブを」開くことから開始します。

リボン一覧が表示されたら「図形」をクリックして図形の一覧を表示します。
その中から四角い枠の図形を選択します。

カーソルが十字に変わるので影を付けたい範囲の最初をクリックして、そのまま最後の位置までドラッグします。
指を離した位置で範囲の選択が有効になります。

それと同時に図形ツールバーがピックアップして登場します。

ツールバーが表示されない時はもう一度選択した範囲(挿入した図形)をクリックします。

ツールの「スタイル([abc])」をクリックして図形を右クリックします。

メニューが表示されるので一番下にある「図形の書式設定」をクリックします。

図形の書式設定画面はエクセルの右端に表示されるので「図形のオプション」項目の
五角形(効果)のアイコンをクリックします。

メニューに「影」があるので、これをクリックします。

「標準スタイル(P)」の右端の□をクリックして効果の一覧から「外側」の項目にあるデザインから
とりあえず枠の外側の右下に向けて影が付くデザインを選択します。

これで枠に影が付いたことが確認できます。

好みに合わせて先ほどの選択したデザインの画面で影の色や透明度・サイズ他変更してみましょう。

テンプレートご利用上の注意事項など

このサイトのエクセルテンプレートご利用についてダウンロード後のご利用条件とサポートについての説明です。

ご確認ください
  • 無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
  • 編集や改変は自由ですが配布は自由にできません。
  • このサイトでダウンロードされた方のみご利用いただけます。
  • ご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。
  • エクセルテンプレートの編集や改変・印刷した書類にミスがあった場合はご利用者自身で解決をお願い致します。
  • 当サイト管理者はご利用についてのトラブルに一切の責任を負わないものとします。
  • 全て自己責任にてダウンロードとご利用をお願い致します。

エクセルフリー サイト運営

サイト管理者

エクセルのテンプレート・裏技・エクセル入門・使い方(初心者用)の管理者です。

ジュノーインターリンク(Juno Inter Link)

エクセルの新規作成・更新ブログ

  • ブログでは作者別のエクセルテンプレートを紹介しています。
  • これらは個別の説明ページに作者名を明記しております。