このページではエクセルの図形と図形を色々なデザインのラインツールを使い図形同士を簡単に接続する方法をお知らせしています。

2013以降の最新バージョンのエクセルは動画説明を追加しています。
最下部の追記説明も合わせてご確認ください。

初心者用の説明もあります
計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
関数の基本についての説明(旧版)はこちら

まず旧バージョンのエクセルの説明です。

エクセルのオートシェイプのコネクタでオブジェクト(図形)を繋ぐことができます。

方法はかんたんです。
図形描画ツールバオートシェイプをクリックしてコネクタを選択。
表示されたリストから好みの矢印コネクタを選択します。

コネクターをドラッグして位置を調整します。
コネクター両端に表示される赤丸をドラッグして接続位置を調整します。
エクセル2013以降での操作方法は最下部の動画を参照!

エクセルの図形同士を接続する方法

エクセル2013での操作方法を動画でアップしました!このページの最下部に補足説明をしています。

最新版エクセルでの操作の追記説明です。
エクセル2013以降では図形の挿入から開始できるので操作が簡単になっています。

まずエクセルの「挿入」タブを開きます。
表示されたリボンのアイコン一覧から図形をクリックします。
ツール一覧から「線」の項目にある線の種類から一つ選択します。

接続する図形の上にマウスを合わせるとマウスが十字に変わり図形は外辺に接続できる点が表示されます。
その点の一カ所を選択(クリック)すると線が表示されます。

線の反対側(先端)にマウスを合わせクリックしたまま(ドラッグ)して接続する相手の図形にマウスを合わせます。
最初の図形と同じ表示に変わるので接続したい点に合わせてクリックすると接続線が完成します。

テンプレートご利用上の注意事項など

このサイトのエクセルテンプレートご利用についてダウンロード後のご利用条件とサポートについての説明です。

ご確認ください
  • 無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
  • 編集や改変は自由ですが配布は自由にできません。
  • このサイトでダウンロードされた方のみご利用いただけます。
  • ご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。
  • エクセルテンプレートの編集や改変・印刷した書類にミスがあった場合はご利用者自身で解決をお願い致します。
  • 当サイト管理者はご利用についてのトラブルに一切の責任を負わないものとします。
  • 全て自己責任にてダウンロードとご利用をお願い致します。

エクセルフリー サイト運営

サイト管理者

エクセルのテンプレート・裏技・エクセル入門・使い方(初心者用)の管理者です。

ジュノーインターリンク(Juno Inter Link)

エクセルの新規作成・更新ブログ

  • ブログでは作者別のエクセルテンプレートを紹介しています。
  • これらは個別の説明ページに作者名を明記しております。