エクセルトップ画像

エクセルで非表示でスピードアップの技

  • このページはエクセルのファイルの読み込みを早くしてファイルが開くまでのスピードをアップする方法の説明です。
    表の見栄えを良くしたり視覚的・直観的にデータを確認し易くするために多くのオブジェクトを表示すると
    ファイルの読み込みに時間がかかってしまします。
    素早くデータや表の数値を確認したいだけなら、これらのオブジェクトを表示しないほうが早く開けます。
    エクセルの新旧バージョンの操作方法に違いがありますので、別々に2つの方法をお知らせしています。

    初心者用の説明もあります
    計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
    関数の基本についての説明(旧版)はこちら


オブジェクト非表示で表示を早くする

  • まずは旧バージョンのエクセルでの操作方法です。
    マイクロソフトのエクセルで図や表などのオブジェクトを表示していると
    画面のスクロールで表示スピードが遅くなります。
    こんな時はオブジェクトを非表示にしましょう。
    1、メニューの「ツール」→「オプション」と進みます。
    2、オプション設定画面の「表示」タブを開きます。
    3、「オブジェクト」の「全て非表示」にチェックを入れます。
    4、「OK」ボタンを押して完了です。
    エクセル2013では「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→
    「次のブックで作業するときの設定」→「オブジェクトの表示」
    →「なし(オブジェクトを表示しない」にチェック「OK」ボタンクリックで完了です。
  • エクセルでオブジェクトを表示しない設定
  • エクセル2013で実行する場合の方法を動画でアップしました。
    最下部の補足説明も合わせてご確認ください。



動画の補足説明です。
エクセル2013以降の最新バージョンではエクセルの「ファイル」メニューから開始です。
次にメニューの「オプション」をクリックします。
開いた画面の「詳細設定」項目を選択して「次のブックで作業するときの表示設定」にある
「オブジェクトの表示」が「すべて」に設定されていたら
「なし(オブジェクトを表示しない)」にチェックを入れます。
最後に「OK」をクリックして設定画面を閉じれば完了です。

このページの先頭へ