エクセルで予定表やカレンダーを作る場合に便利な技です。
予定が入っている日付を入力すると、カレンダーのその日付に自動で色が付きます。

色は自由に選択できますし背景色を変える設定も可能です。
予定日と予定事項も表示できて、1ヶ月全体の予定イメージも直観的に分かる便利なカレンダーが作れます。

メニューがリボン表示の最新版のエクセルは動画で説明を追加しました。
動画はエクセル2016で作りました。

例えばエクセルの日程表で特別に重要な予定がある場合にその日付
を入力するとカレンダーの日付に色を付けて表示します。
休日や祭日を指定した使いかたもできます。


★最初に旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

予定日に自動で色付け表示する方法

1、エクセルのカレンダーの日付が入力してあるセル全てをマウスでドラッグして選択します。
 ※ 必ず日付が入力されている最初のセルから指定してください。
 空白セルから指定しまうと色が付く日付がずれてしまいます。

2、メニューの「書式」→「条件付き書式の設定」をクリックします。

3、「条件」は「数式が」を選択します。

4、その右のフォームに「=MATCH(A3,$B$3:$B$7,0)」と入力します。
 「=MATCH」は同じ値を見つけるための関数です。
 「A3」A3から始まるデータを参照しています。
 「$3」セルB3を指定しています。
 「$7」セルB7を指定しています。
 「$B$3:$B$7」セルB3からセルB7の範囲を指定しています。

 ようするに、セルA3から始まるデータの中から
 B3からB7にある範囲の数値を比べて同じ数値を探しだすということです。

5、「書式」ボタンを押して「セルの書式設定」画面の「フォント」タブの「色」で好みの色を選択します。

6、「OK」ボタンを押して完了です。


★最新バージョンのエクセルは操作が異なりますので別途動画説明をします。
※セルの範囲指定は旧バージョンのエクセルと同じ注意が必要です。


初心者用の説明もあります
計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
関数の基本についての説明(旧版)はこちら

テンプレートご利用上の注意事項など

このサイトのエクセルテンプレートご利用についてダウンロード後のご利用条件とサポートについての説明です。

ご確認ください
  • 無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
  • 編集や改変は自由ですが配布は自由にできません。
  • このサイトでダウンロードされた方のみご利用いただけます。
  • ご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。
  • エクセルテンプレートの編集や改変・印刷した書類にミスがあった場合はご利用者自身で解決をお願い致します。
  • 当サイト管理者はご利用についてのトラブルに一切の責任を負わないものとします。
  • 全て自己責任にてダウンロードとご利用をお願い致します。

エクセルフリー サイト運営

サイト管理者

エクセルのテンプレート・裏技・エクセル入門・使い方(初心者用)の管理者です。

ジュノーインターリンク(Juno Inter Link)

エクセルの新規作成・更新ブログ

  • ブログでは作者別のエクセルテンプレートを紹介しています。
  • これらは個別の説明ページに作者名を明記しております。