エクセルトップ画像

エクセルで完全同一表の複数作成技

    このページではエクセルの一つのシート全体を1アクションだけでコピーして
    同一内容のシートを複製する方法を説明しています。

    例えばエクセルで1月分の予定表を作成した場合に
    、 シート全体をごっそりコピーしてしまえば
    1年分の予定表は追加したシートに貼り付けを繰り返すだけで完成します。

    この方法は作成した表だけをコピーするよりも
    簡単かつ確実に編集不要で同一の複製ができ時短になります。

  • 初心者用の説明もあります
    計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら
    関数の基本についての説明(旧版)はこちら


ワークシート全体を選択してコピペする

  • エクセルで同じ表を複数作成する場合に
    作成した部分だけコピー→貼付けを実行すると
    列や行の幅が変わってしまうことがあります。

    これを1つづつ調整するのは大変です。

    エクセルのワークシート全体を選択してコピペすれば
    全く同じサイズで簡単に複数の表を作成できます。
  • エクセルのシート全体をコピーする方法
  • エクセルのワークシート全体を選択するのは超簡単!

    列番号と行番号が交差する左上端のセルをクリックします。
    これだけでOK!

    または「Ctrl」と「A」のキーを同時に押せばOKです。

    この方法では、作成したボタンなども同一位置に作成されます。
    手を加えるのはシートを追加して貼り付けした後に必要であればシート名を変えることと
    月別の表であれば月名を変更するだけで良いです。

    初めてエクセルを利用する方であれば 作成した表の範囲を指定してコピーする方法になるかと思いますが これは、それよりもかなり簡単なのでお試しください。


このページの先頭へ