エクセルトップ画像

エクセルの数式結果に誤差があるエラー



正しい計算式でも結果がずれている対処法

  • エクセルの数式に間違いがないのに結果に誤差がある
    正しい計算式を入力しているのに、結果がわずかにずれている場合の対処法です。
    エクセル2013は最下部の動画を参照!
  • 説明
    こういう場合は小数点以下に問題がある。例えば
    1000.3
    2000.2
    3000.4
    合計6000.9
    上記の計算を3桁の区切り表示に書式を設定すると次のようになる。
    1,000
    2,000
    3,000
    合計6,001

    これはエクセルの「ROUND」関数で処理できる。
    1000.3と表示されているセルは「=ROUND(1000.3,0)」に変えればOK!
    しかし、1つづつ入力しなおすのは大変なので、式を使って変換したほうがよいのではと思います。
    1000.3 が入力されているセルはA1であり、
    B1のセルに処理した数値を表示させるとすると次のようにB1のセルに式を入力します。
    「=ROUND(A1,0)」

    これでA1に入力されている1000.3はB1に1000と表示されます。
    この式をB2、B3と式をドラッグしてコピーすればOKです。
    B1 → 「=ROUND(A1,0)」
    B2 → 「=ROUND(A2,0)」
    B3 → 「=ROUND(A3,0)」
    B4 → 「=ROUND(A4,0)」
    コピーした式は上記のようになります。
    結果は小数点以下が四捨五入されて表示されます。
    B4セルの合計は6,000と表示されます。
  • エクセル2013/2016で操作した動画をアップしました。
    元の数値を書式設定で変更した後にROUND関数で修正した例です。
     


このページの先頭へ