エクセル30年分所得税の確定申告書Bと第三表

エクセルで30年分の所得税申告

30年分所得税の確定申告書Bと第三表(分離課税)ソフトは
マイクロソフトのエクセルで第三表(分離課税)の土地建物、
株式等、退職、先物取引等の確定申告書Bを作成できます。

エクセル30年分所得税の確定申告書Bと第三表のダウンロードはこちら
フリーソフト(無料です)作者:古川 頼之さん
フリーソフトですが、寄付を募っています。
動作OS: Windows 10/8/7/Vista/XP
エクセル2010で作成。

ご使用に関して、全く制限はありません。  
税務署発行の「確定申告の手引き」を、参考に作成しています。
平成30年度分しか、ご使用できません。

ひな形に直接に入力するので、わかり易いソフトです。
削除は、エクスプローラ等で直接削除します。

◆特 徴
(a)このプログラムはマイクロソフトのエクセルの知識が
多少必要ですが、使い方はシゴク簡単です。
(b)白色の部分(セル)に、入力します。青色の文字で表示されます。

(c)シートの保護の解除は2010では、
校閲→シート保護の解除→パスワードの入力で解除されます。
ブックはシート間の計算に影響するため解除できません。

(d) 譲渡所得の内訳書(土地・建物用、分離課税用)、
株式等に係る譲渡所得等の計算明細書等も追加。

◆プログラムの使い方
① 分離課税第三表入力シートの住所、屋号、氏名等を記入します。
但し、屋号、氏名は、シートの保護(パスワードが必要)してあります。

② つづいて、収入金額、所得金額を入力します。
(a)株式譲渡二面から、一面に、株式損失もⅡ面からⅠに入力します。
(b)土地建物の譲渡は1面から2面、3面の順に入力します。
(a)、(b)の入力は、誤入力を避けるため、
パスを解除しないで入力をしない方が安全です。

税務署発行の申告の仕方(記載例)の範囲には、対応しています。
ただし、土地建物の譲渡損失の場合は、
別紙の計算書・付表に記入しますが自己計算となります。

(c) 退職所得は、収入金額を入力すれば
勤続年数に応じた所得金額を計算します。

(d) 各所得別の税額も、一応計算もされます。
(e) OCR用紙の印刷についてはプリンターのメーカーにって、
多少のずれが発生した場合は、各自で調整して下さい。      

③ その他
このプログラムはフリーソフトですが寄付500円を募っています。
切手での支払も可能です。
その際は、あらかじめメール等で、
28年分確定申告書B 分離課税用と、ソフト名も、
作者へご連絡ください。

ソフトは、平成30年分以外はご使用できません。
また、OCRのシートは、解除できません。