エクセルトップ画像

エクセルのセル幅の調整方法

    このページではエクセルのセルに文字を入力する際に注意すべき事。
    複数ならぶ一つのセルに文字を入力したら、どのように表示されるのか?
    セルの幅を超えた長文を入力するとどのような問題が発生するのか?

    これらの問題を解決するにはどのような操作をするべきなのか?

    初めてエクセルを使う人がセルに文字を入力する場合に知っておくべきことの基本と使い方を説明しています。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


セル幅の調整方法をする方法

  • 前回に「Sheetとセル」の説明をしたのでこのセルに文字を入力する方法です。


    具体的に例をあげて使い方を説明していきます。

    次の画面はA1とA2のセルに
    「Aの1のセルに入力した文字」
    「Aの2のセルに入力した文字」と入力したものです。

    エクセルのセルに文字を入力する

    その後にB1とB2のセルに
    「Bの1のセルに入力した文字」
    「Bの2のセルに入力した文字」
    を入力するとA1とA2のセルの幅の範囲を超えた文字は見えなくなってしまいました。

    これは文字が消えてしまったのではなく後ろに隠れて見えないだけです。

    ここでA1のセルをクリックしてみます。

    エクセルのセルに隠れた文字

    上部に「Aの1のセルに入力した文字」というように隠れている文字全てが表示されました。

    ここを「数式バー」といいますが消えたのではないことが確認できますね!

    隠れている文字を表示するにはセルの幅を文字全体の幅まで広げれば良いです。

    エクセルのセルの列の幅を変える

    上の図のように「A」の右端のセルの縦ラインにマウスを合わせると、マウスが「←l→」に変化するので、クリックして右に移動します。

    このように上部のアルファベットの端の縦ラインをドラッグすることによりセル幅を変更できます。

    数字の下のセルの横ラインを同じように下にドラッグするとセルの幅を次のように広くすることができます。

    エクセルのセルの行の幅を変える

    今回は文字のサイズにセルを合わせる方法でした。

    この逆にセルのサイズに文字を合わせる方法はこちらへ



このページの先頭へ