エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方サイトについて!

    エディターやワード系のソフトでの文字の改行は普通にEnterキーを押すだけで改行できますが
    エクセルの場合Enterキーを押しても改行されません。

    エクセルのセルは少し特殊なので基本的な操作を知っておく必要があります。
    簡単に改行できますが複数の画像を使って説明しています。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


セル内の改行方法

  • 今回はエクセルのセルに入力した文字の改行方法についてお知らせします。

    次の画面はAの1のセルに入力した文の後ろ3文字がセルの幅を超えたため隠れてしまっています。

    EXCEL2013文字の改行位置を決める

    上部の数式バーに表示されたAの1のセルに入力した文字が表示されています。
    改行の実行はこの数式バーで実行します。

    エクセルの数式バー内に表示の文章の中の改行したい位置をクリックします。

    マウスのカーソルがその位置で点滅したら「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押します。

    すると数式バーには改行より後ろの文字を表示します。

    一度他のセルをクリックして再度Aの1のセルを指定すると次のように改行を確認できます。

    EXCEL2013 改行を確認する

    縦方向のセル幅が狭いので、このセル幅を広げる必要があります。

    改行に合わせてセル幅を広げる

    左端のセルの番号下の横ラインをクリックしたまま下に引き下げて幅を広げます。

    エクセルで入力した文字の編集は、編集するセルを指定して数式バー内で編集することを頭に入れておきましょう。

    文字の編集ツールで出来ることの詳細
    エクセルの(太字・斜体・フォントの変更・中央揃へ)はこちらへ



このページの先頭へ