エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

    エクセルのセルは同一サイズの格子で構成されていて
    列や行の幅を変更すると、その列や行は全て同一サイズになってしまい
    一つのセルだけを幅広くすることができません。

    この問題は2つ以上のセルを一つのセルに結合すると解決することができます。
    このページでは
    4つのエクセルの実画面の画像を使い説明していますので、初心者も理解し易いと思います。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


セルの結合方法

  • エクセルの複数のセルを一つにしてしまうセルの結合方法です。

    結合を利用すると上部のタイトルを付ける際に便利で表全体の幅から中央を出すのが簡単になります。

    また
    エクセルで行ごとに幅が違う表を作る場合もセル幅の調整が楽になります。

    次の画面はセルが均等に並んだ状態です。

    エクセルのセル結合前のシート

    次は上の表を結合してみた例です。

    エクセルの複数のセルを結合した例

    わかり易くするために罫線を入れています。

    横の行を結合するだけでなく行と行の結合も可能です。

    表の一番下に備考欄を作る場合も便利です。

    ★セルを結合する方法
    文字の編集と同じように結合したいセルをマウスで複数選択して右クリックからツールを表示します。

    ツールの上段の右端にある下の図の赤丸したアイコンをクリックします。

    エクセルのセルの結合方法

    「A1」「A2」「A3」のセルを結合した例です。

    結合したセルは数式バーの名前ボックスを見ると「A1」と表示されています。

    エクセルの名前ボックスで確認

    この結合セルを指定する場合は「A1」と指定します。

    エクセルで結合したセルを編集する方法の説明はこちら



このページの先頭へ