エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

    このページではエクセルのセルに入力したデータの数値を
    日付や時刻・パーセントなどに単位を変えて表示する方法を説明しています。

    エクセルの画面の実例画像を使い丁寧に説明しています。

    単純に表示設定だけを変えただけでは間違った表示になる場合もあり
    その注意事項なども記載していますので、ご確認ください。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


数値の表示方法の変更

  • 前回はエクセルの数値を桁で区切ったり「¥」を付けたり
    マイナスの数値の表示を変える方法を説明しました。

    今回はその続きで日付・時刻・%に表示を変える方法です。

    「分類」を「日付」に変えました。

    「種類」が「2012/3/14」というように「/」付が選択されています。

    エクセルの種類

    この「種類」をメニューから選択することにより「月日」の挿入もできるし、時間も追加できます。

    「ローケル」が日本語ですが「中国語」に変えられます。
    「西暦」を「和暦」にすると「H」や「平成」に変えられます。

    「分類」を時刻に「種類」を「1:30PM」に変えてみました。

    エクセルの分類

    サンプルが12:00AMと表示されていますが元の数値が時刻でない場合。
    例えば1000の場合に「13:30:55」を選択すると「0:00:0」というように表示されます。

    セルに「10:00」というように入力すると確実に時刻になります。

    「分類」を「パーセンテージ」に変えました。

    エクセルのパーセント表示

    サンプルが「1000%」と表示されていますが、先にセルに1000と入力されている場合「100000%」になります。

    一度これで書式を確定してセルに1000と再入力すると1000%に変わります。

    空白のセルをパーセンテージに変えておいて数値を入力すると確実にその数値に%が付加された表示になります。

    エクセルの文字列・その他・ユーザー定義はこちらへ



このページの先頭へ