エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

    このページではエクセルのセルに入力した数値の合計で
    複数の行や列で小計が必要な場合も
    答えを表示する各セルごとに式をいれなくても
    簡単にマウスだけで式を一括挿入する方法を説明しています。

    このエクセルの利用方法は小計だけでなく総合計も一括表示できて便利です。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


合計の式を複数セルにコピーする

  • 前回はエクセルの「オートSUM」関数を使って簡単に合計を出す方法でした。
    今回はその式をマウスの移動だけで他の複数のセルに
    一括でコピーして行や列全てに合計を表示させる方法です。

    次のようにエクセルで合計を表示させた「A4」セルを選択します。
    エクセルの合計式をコピーする方法

    「A4」セル右端下の角にマウスを合わせると
    カーソルが「+」になるのでクリックして
    そのまま「C4」セルまで移動します。

    マウスから手を離すと次のように「B4]「C4」セルにも
    合計が表示されるようになりました。
    エクセルの合計を複数のセルに表示

    このようにエクセルはマウスの移動だけで簡単に式をコピーできます。

    ここまでの説明を応用して「D1」セルに合計式を入れて
    それを上記の方法で「D4」セルまでマウスを下げてコピーすると
    次のように総合計が「D4」セルに完成します。
    EXCELで総合計の式を簡単に挿入する方法

    エクセルの総合計だけを好みの場所に表示させる方法はこちらへ。



このページの先頭へ