エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

    このページではエクセルの表の総合計を表の隅ではなく、表から離れたどの位置にあるセルにでも表示する方法を説明しています。

    やり方は初心者でも簡単で範囲の選択とアイコンクリックだけで実行できます。

    この方法を画像3つを使い説明していますので理解し易いと思います。

    説明は単純に合計を表示する他に、それをエクセルの他のシートにも表示する方法も説明しています。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


総合計を何処でも選択したセルに表示する方法

  • 前回はエクセルの「オートSUM」で合計を出す方法
    それを応用して簡単に総合計を表示する方法でした。

    前回はエクセルで表の数値の端に合計を表示しましたが
    今回は自分が選択した位置で
    どのセルにでも合計や総合計を表示することができる方法です。

    次の例では表と離れた位置にある「C5」セルに合計を表示
    するようにこのセルを選択しました。
    エクセルの総合計を選択位置に表示する

    「C5」セルを選択したらエクセルのメニューから「数式」を選択し
    「オートSUM」の「Σ」をクリックします。
    数値が入っている表の最初のセル「A1」をクリックして
    そのまま最後の「C3」セルまでマウスを移動すると
    上記の画面のように「=SUM(A1:C3)」と表示されます。

    この状態で「Enter」キーで確定すると次のように
    「C5」セルに総合計を表示できます。
    エクセルで総合計の関数を確定する

    エクセルの列や行だけの合計を選択位置に表示するのも同じ操作です。

    このエクセルの総合計を別のセルに表示するには
    表示したいセルをクリックして選択したら「=」を入力して
    総合計が表示されているセルをクリックして「Enter」でOKです。
    エクセルの数式を他のセルにコピーする
    上の画面は「C5」の総合計を「A5」のセルにも表示するものです。
    総合計に限らず「=」を入力した後にセルを選択すると
    そのセルの数値をや文字でも別のセルやシートにも表示できます。

    利用例として見積書の表の総合計を上部の見積合計などの
    項目に表示する時に利用すると便利です。

    ■計算式入力と関数についての基礎(入門編)はここまでです。

    ステップアップ編!主要関数の使い方についてはこちらへ

    ★次はグラフの作り方について学びましょう!こちらへ


このページの先頭へ