エクセルのグラフの作り方 | エクセル2013/2016の使い方
エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

    このページでは初めてエクセルでグラフを作る初心者向けに
    一番簡単なグラフの作り方を説明しています。

    範囲を選択してアイコンクリックで完成するという単純な操作だけでグラフが完成します。

    これを元にステップアップしてエクセルのグラフを自分好みの表示にしていく方法について
    次ページへと少しづつ進めば理解できるような説明方法としています。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


グラフの作り方

  • エクセルで作った表のデータをビジュアルで見せるグラフの作成はとても簡単にできます。

    例として次のような売上表を作ってみました。

    エクセルのグラフを作る表の範囲選択

    グラフを作成するにはデータが入っている表の範囲を選択します。

    上の例では「A1」のセルをクリックして「D4」のセルまで移動して範囲を選択しています。

    次にEXCELのメニューから「挿入」を開きます。

    エクセルのメニューから挿入を選択

    挿入のツールメニュー一覧に「グラフ」があります。

    エクセルのグラフメニュー一覧

    このグラフ一覧には「棒」「折れ線」「円」グラフなど種類別で作成もありますが、初心者には「おすすめグラフ」が良いと思います。

    「おすすめグラフ」をクリックすると「グラフの挿入」画面になります。

    エクセルのおすすめグラフでグラフを作る

    「おすすめグラフ」の左のメニューにはグラフの種類が複数あるので,ここからデザインを選択すると右側に完成するグラフのイメージが表示されます。

    この画面上で完成を確認できるのでグラフの種類の選択も簡単で初心者向きだと思います。
    後は「OK」ボタンをクリックするだけでグラフが完成します。

    次に!エクセルで作ったグラフを編集する方法はこちらへ



このページの先頭へ