エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

    このページではエクセルのセルに時間と分を別々に入力したものを一つの時間として12時間表示をします。

    12時間表示のためAM/PMを時間に合わせ自動的に切換えて表示します。

    時間の入力は数値のみでOKですので時間を数値として計算する他の関数でも活用できます。

    時間と分を分けて計算したい、表示したい場合に便利です。

  • 当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。
    入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


エクセルで指定した時刻を表示する「TIME」関数の使い方

  • マイクロソフトのエクセルで「TIME」関数は
    2つのセルに入力した時間と分を合わせて表示させます。

    エクセルの「TIME」関数は
    =TIME(A1,B1,0)」のように
    「( )」内に「時間」と「分」を入力したセルの場所を入力し
    最後に「0」を入力します。


    今回は利用例として
    C1セルに10と入力
    D1セルに30と入力
    E1セルに「=TIME(C1,D1,0)」と入力してみました。
    エクセルで指定時刻を表示するTIME関数の利用例

    C1セルに入力したのは時間(10時)で
    D1セルに入力したのは分(30分)で
    これを合わせた時刻が10時30分で
    午前中である「AM」を付加して表示できます。
        
    ※この場合の時間は12時間表示ですので、時間の数値を13にした場合は13:30 PMと表示されます。

    エクセルで時刻をシリアル値に変換するTIMEVALUE関数はこちらへ


このページの先頭へ