エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

  • このページではエクセルの表のデータからAの条件とBの条件に一致するデータはどれ?

    というように複数の条件に一致するデータのみ取り出して表示する方法をお知らせしています。

    エクセルの画面画像を使った実例の説明は「地域」と「荷物サイズ」から発送先までの送料がいくらなのか?

    これを表示してくれる便利な使い方の使用例での説明となっています。
    これはかなり実用的な例です。

    複合検索をしたいと思う色々な場面に利用できると思います。


交差するデータを表示する「INDEX」関数の使い方

  • エクセルの「INDEX」関数は
    2つの交差する地点のデータを検索して答えを出す関数です。
    複数指定の範囲から
    3つ目に範囲を選択する条件を付け加えることもできます。

    INDEX」関数は
    =INDEX((C3:E5,C8:E10),B13,C13,D13)」のように
    「( )」内に2つの範囲と検索条件を入力するため
    「( )」内に「( )」を2重に入れることになります。

    最初の「( )」内に1つ目の検索範囲と2つ目の検索範囲を
    ,」で区切り入力。
    )」の後に3つの条件を入力するセルの番号を
    ,」で区切り入力します。

    エクセルで使用する実例として次のように発送する地域と荷物のサイズから
    送料を表示するようにしました。

    C3」と「E5」のセル間に1つ目のデータを入力。
    C8」と「E10」のセル間に2つ目のデータを入力。

    B13」に発送地の番号を入力。
    C13」に着地の番号を入力。
    D13」にサイズの番号を入力。

    E13」セルに
    =INDEX((C3:E5,C8:E10),B13,C13,D13)」と入力しました。

    エクセルのINDEX関数の使い方

    発送地が「1」の東京で着地が「2」の大阪を指定。
    荷物のサイズは「2」のBサイズを指定したので
    Bサイズで送る東京から大阪間の2つが交わるデータは
    「700」円という答えが出ました。
    このように複数のデータから条件に合った交わるデータを検索する
    のに便利な関数です。

    エクセルの行と列から位置を表すADDRESS関数はこちらへ


このページの先頭へ