エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

  • このページではエクセルの表に入力されたデータで割り切れない倍数を切り捨てて表示する方法を説明しています。

    先に切り上げを説明済ですが、その反対の切り捨ての方法となります。

    エクセルでの実例も切り上げの時と同じ必要数に対しての仕入れ数を表示ですが
    切り捨てにより答えが必要な数に対して一つ少ない不足分が発生しることになります。

    判断としてもう1箱追加が必要なんだという答えが出たことになります。

 


倍数を切り捨てて表示する「FLOOR」関数の使い方

  • エクセルの「FLOOR」関数は
    必要な数を割り算した時に割り切れない数値を
    一つ切り捨てて、その倍数を表示する関数です。
    この逆に切上るCEILING」関数では実用例を紹介しています。

    FLOOR」関数は
    「=FLOOR(A1,B1)」のように
    「( )」内に分子を入力するセルを指定し
    ,」で区切り分母を入力するセルを指定します。

    エクセルでの実例として次のように
    C1」セルに「=FLOOR(A1,B1)」と入力しました。
    エクセルのFLOOR関数の使い方

    この例はCEILING」関数の「CEILING」を「FLOOR」に
    変更しただけです。
    CEILING」関数では答えが切上で5×6=「30でしたが
    FLOOR」関数では切り捨てのため、26に満たない数
    5×5=「25と表示されます。


    エクセルの小数点以下の数値を切り捨てるINT関数はこちら


このページの先頭へ