エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

  • このページではエクセルの表に入力したデータの数値から指定した桁で切り上げた数値を表示する方法をお知らせしています。

    先にお知らせしている切り捨てる「ROUNDDOWN」関数の逆の結果となります。

    実例としまして小数点以下の数値がある場合は切上げとなるため15.7であれば16という表示になります。

    エクセルの画面画像を使って説明しているので分かり易いかと思います。
 


桁数で切り上げる「ROUNDUP」関数の使い方

  • エクセルの「ROUNDUP」関数は
    指定した桁数で小数点以下の切り上げを実行する関数です。
    「ROUNDDOWN」関数の切捨てと逆になります。

    ROUNDUP」関数は
    「=ROUNDUP(A1,0)」
    「( )」内に切り上げを実行する
    数値のあるセルを指定し「,」で区切り
    切り上げる桁数の数値を入力します。

    エクセルの実例として次のように
    C1」セルに「=ROUNDUP(A1,0)」と入力しました。
    エクセルのROUNDUP関数の使い方

    A1」の「15.7」を「0」で小数点以下を切り上げて指定したので
    B1」セルには「16」と表示されました。

    エクセルの小計の総合値から答えを求めるSUBTOTAL関数はこちら


このページの先頭へ