エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

  • このページではエクセルの表に入力した複数の数値の合計を簡単に出す方法をお知らせしています。

    エクセルでは一番多く使うであろうSUM関数なので既にエクセルを活用している人であれば説明は不要かも?な関数です。

    使い方も簡単なので初心者の入門用として実例の画面画像を使い説明をしていますので理解し易いと思います。

    基本的な操作とオートSUMのボタンを使ってさらに簡単に操作する初歩的な説明もしています。

    エクセル必須の関数なので覚えておきましょう。
 


総合計を計算する「SUM」関数の使い方

  • エクセルの「SUM」関数は
    複数のセルにある数値を足し算して合計を出すことができます。
    範囲内に文字があっても文字は計算されません。

    SUM」関数は
    「=SUM(A1:A4)」のように
    「 ( ) 」内に計算するセルの範囲をセル番号で入力するだけです。

    エクセルでの実例として次のように
    D1」セルに「=SUM(A1:C1)」と入力しました。
    エクセルのSUM関数の使い方
    A1」~「C1」セルの合計の「60」が「D1」セルに表示されました。
    D2」セルの答えのように、マイナス値があればそれも計算されます。

    SUM」関数は「オートSUM」を使うと簡単です。
    最初に合計の答えを表示したいセルを選択しておきます。。
    エクセルのメニューの「数式」をクリックして「Σ」をクリックします。

    エクセルのオートSUM関数の使い方

    セルに数値が入力されている場合は自動的に範囲が選択
    される場合もありますが、そうでない場合は次のように
    範囲の最初のセルをクリックして
    そのままドラッグで最後のセルまで移動してエンターで確定します。
    エクセルの範囲指定の方法


    エクセルの検索条件に合うデータを抽出し合計するSUMIF関数はこちら


このページの先頭へ