エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

  • このページではエクセルの表に入力した数値でマイナス符号など付いた数値を整数で表示する方法をお知らせしています。

    実計算では-となる答えがあったとしても、そのままの表示では都合が悪い場合に利用できます。

    単純に絶対値を表示するセルに元のデータがあるセル番号を指定するだけの簡単な使い方となります。

    実例のエクセルの画面画像で説明していますので理解し易いと思います。
 


絶対値を表示する「ABS」関数の使い方

  • エクセルの「ABS」関数は
    指定したセルの数値の記号(符号)を削除した
    絶対値を表示することができます。

    ABS」関数は
    「=ABS(A1)」のように
    ( )」内に数値のあるセルの番号を指定するだけです。

    次のエクセルの実例のように「B1」セルに「=ABS(A1)」と入力しました。
    エクセルのABS関数の使い方

    A1」セルの「-10」がABS関数により「10」と表示されました。

    -」などの記号(符号)を消したいときに利用できます。

    エクセルで数値を除数で割ったときの余りを求めるMOD関数はこちら


このページの先頭へ