エクセルトップ画像

エクセル2013/2016の使い方について!

  • このページではエクセルの表に入力した複数の数値で掛け算の合計を一発で出す方法を説明しています。

    通常複数の掛け算をする場合は、セル1×セル2のように掛け算の記号[*]で各セルごとの
    連続した掛け算の式を数値の数だけ入力する必要がありますが、
    このPRODUCT関数を使うと数値があるセルの範囲を指定するだけでOKと簡単かつ作業の時短ができます。

    エクセルの実例画面で説明していますから理解し易いかと思います。
 


複数セルの掛算する「PRODUCT」関数の使い方

  • エクセルの「PRODUCT」関数は
    指定した複数セルの範囲を一括で掛け算することができます。

    PRODUCT」関数は
    「=PRODUCT(A1:B1)」のように
    ( )」内に計算したセルの範囲をセル番号で指定するだけです。

    エクセルの「E1」セルに「=PRODUCT(A1:D1)」と入力しました。
    エクセルのPRODUCT関数の使い方

    このように「A1」セルから「D1」セルまで複数の範囲を
    指定して掛け算することができるので
    「=A1*B1*C1*D1」と入力して計算するより早いです。

    エクセルの除算の商の整数部を求めるQUOTIENT関数はこちら


このページの先頭へ