エクセルトップ画像

エクセル2013の使い方サイトについて!

  • このページではエクセルの表に入力したデータ(数値)が指定した条件に合っているかどうかを判断して結果を表示する方法をお知らせしています。
    実例とし指定した数値より上なのか?下なのかで表示結果が変わり、上なら合格。下はFALS(偽)を表示する方法です。
    これは
    テストの結果が合格か不合格なのかという判断を点数を入力するだけで自動で表示して欲しい場合に便利です。
    他にも販売実績の判断用の表示などにも使えますし活用範囲は広いかと思います。

 


条件により真か偽を返す「AND」関数の使い方

  • エクセルの「AND」関数は
    指定条件が一致するとTRUE(真)
    それ以外はFALSE(為)を返して表示することができます。

    AND」関数を利用した例です。

    このエクセルの実例はテストの結果が60点以上で合格と表示する例です。
    A1」~「C1」セルに点数を入力しました。
    D1」セルに
    =IF(AND(A1>=60,B1>=60,C1>=60),"合格")
    と関数を入力しています。
    エクセルのAND関数の使い方

    最初にIF」関数を使い「もしも?」という条件を入れています。
    A1>=60」のように「A1」セルが60」より数値が大きいという条件を
    B1」と「C1」セルにも入れてあります。
    この複数の条件を「AND」関数で返した結果
    条件が一致しているので「合格」と表示されました。

    A2」から「C2」セルも同じ条件ですが「A2」セルが
    60」以下の値のため
    D2」セルに「FALSE」と表示されました。

    エクセルで条件のいずれかが一致すると、TRUE(真)
    それ以外はFALSE(為)を返すOR関数はこちらへ



このページの先頭へ