エクセルトップ画像

エクセル2013の使い方サイトについて!

  • このページではエクセルの表に入力したデータ(数値)から2つの複合した関数を使った条件に一致する情報を元に
    真か偽を判断してそれにマッチした表示をする方法を説明しています。
    実例では
    先に説明しているAND関数OR関数の両方を合わせてテスト結果を
    合格か不合格か、それとも△なのかを表示する複合方法の説明となります。
 


複合条件で真か偽を返す「AND+OR」関数の使い方

  • エクセルの「AND」関数と「OR」関数を合わせた複合する条件で
    真か偽を返す方法の説明です。


    テストの結果が60点以下で不合格と表示し
    いずれか一つが60点以上で△を表示します。
    全てが60点以上であれば合格と表示する例です。

    A1」~「C1」セルに点数を入力しました。
    D1」セルに
    =IF(AND(A1>=60,B1>=60,C1>=60),"合格",IF(OR(A1>
    =
    60,B1>=60,C1>=60),"","不合格"))
    と関数を入力しています。

    次のエクセルの画像はクリックで拡大します。
    エクセルのANDとOR関数を組み合わせた使い方

    AND関数
    =IF(AND(A1>=60,B1>=60,C1>=60),"合格")」と
    OR関数
    =IF(OR(A1>=60,B1>=60,C1>=60),"","不合格")」を
    を繋ぎ合わせた式になっています。

    D1」セルは全て「60」以下なので「不合格」と表示されました。

    D2」と「D3」セルも同じ式が入っています。
    2行目のセルは1つだけ60以下があるので
    D2」セルは「」が表示されました。

    3行目は全て60以上なので「D3」セルは「合格」と表示されました。

    エクセルで複数条件を満たすセルのデータを数えるDCOUNT関数はこちらへ


このページの先頭へ