Excel Form 予約管理(エクセル)の無料ダウロード

エクセルで予約管理テンプレート

Excel Form 予約管理はマイクロソフトのエクセルで
会議室の予約などを管理できるテンプレートです。

エクセル予約管理の無料ダウンロードはこちら 
フリーソフト(無料です)作者:SystemWatanabeさん
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
エクセル2003/2007/2010/2013/2016

【主な機能】
□ ユーザーフォームを利用して作成しているので直感的に操作できます。
□ 会議室の予約や社用車の予約、共用備品の使用予約など、いろいろな予約管理に使用出来ます。
□ 予約状況をタイムテーブルで表示しますので視覚的に予約状況が把握・入力できます。
□ 日別/設備別の表示を切り替えることができます。

起動方法】
Excelから本体ファイル「exForm予約管理v3.xls」を開いてください。予約状況フォームが表示されます。
(当システムはマクロ(VBA)を使用していますのでマクロを有効にして開いてください)

【使用方法】
■基本設定を行う。
  予約状況フォーム左下にある「設定」ボタンを押下すると「設定」シートが表示されます。
  「休日設定」:カレンダの日付を赤字表示とする日を設定してください。
  「表示時刻」:予約状況フォームの表示時刻の初期値として使用されます。
  「予約時間」:新規予約入力時、開始時刻~終了時刻の時間間隔の初期値として使用されます。
  「帯色」:新規予約入力時、帯色の初期値として使用されます。
  「帯文字サイズ」:予約帯の文字サイズを設定してください。
  「初期表示画面」:起動時に表示される予約状況フォーム(日別/設備別)を設定してください。
  「設備リスト」:予約対象となる設備名を入力してください。
  「使用者リスト」:予約入力時の使用者名欄のリスト選択候補として使用されます。(※途中空行不可)
  「使用目的リスト」:予約入力時の使用目的欄のリスト選択候補として使用されます。(※途中空行不可)
  「備考リスト」:予約入力時の備考欄のリスト選択候補として使用されます。(※途中空行不可)
   ※途中空行不可・・・リストの途中に空行があると、コンボボックスリストに正しく表示できません。
  予約状況フォームへ戻る時は「Menu」シートの「予約状況フォーム」ボタンを押下してください。

■予約を入力する。
  予約状況フォームの予約したい設備と時刻のクロスする場所付近をクリックしてください。予約入力フォームが表示されます。
  「日付」:予約日を入力してください。(予約状況フォームの日付が初期表示されます)
  「設備」:設備番号を入力してください。(予約状況フォームのクリックした場所の設備番号が初期表示されます)
  「時刻」:予約開始時刻および終了時刻を入力してください。(予約状況フォームのクリックした場所の時刻が初期表示されます)
  「使用者名」:使用者名を入力してください。▼ボタンを押下する「使用者リスト」に登録した選択候補が表示されます。
  「使用目的」:使用目的を入力してください。▼ボタンを押下する「使用目的リスト」に登録した選択候補が表示されます。
  「備考1~3」:備考を入力してください。▼ボタンを押下する「備考リスト」に登録した選択候補が表示されます。
  入力した予約を修正・削除したい場合は、該当の予約帯をクリックしてください。予約入力フォームが表示されます。
  ※入力したデータは「予約Data」シートへ保存されます。

■予約状況表の表示を繰り替える。
  画面下の「日別」「設備別」ボタンを押下することにより、日別/設備別に切り替え表示されます。
■予約状況表を印刷する。
  画面下の「状況表」ボタンを押下すると、予約状況表が印刷プレビューされます。
■予約一覧表を印刷する。
  画面下の「一覧表」ボタンを押下すると、予約一覧表が印刷プレビューされます。
■終了する。
  予約状況フォームの「終了」ボタンを押下すると、データを保存して終了します。