Excel One 出勤簿(エクセル)

エクセル出勤簿テンプレートマクロや関数使用

Excel One 出勤簿は
マイクロソフトのエクセルで作成した、出勤簿ソフトです。
出退勤時刻を入力するだけで
就業時間・残業・遅刻・早退などの時間を計算します。
 ※マクロや関数などを利用したテンプレートを紹介しています。

Excel One 出勤簿(エクセル)のダウンロードはこちら 
フリーソフト(無料です)作者:SystemWatanabeさん
フリー版は制限あり
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
エクセル2003以降

起動方法
エクセルから本体ファイル「exOne出勤簿.xls」を開いてください。
当システムはマクロ(VBA)を使用していますので
マクロを有効(コンテンツの有効化)にして開いてください。

使用方法
■新規時
Ⅰ.氏名、部署を入力してください。
Ⅱ.[日付設定]ボタンを押下してください。
 日付設定フォームが表示されます。
 年・月度・開始日・定休曜日等を設定して
 [設定開始]ボタンを押下してください。
 データがクリアされ、
 年・月度・日・曜日・休日区分が自動設定されます。

 臨時休業等の定休曜日以外の休日がある場合には、
 該当日の休日区分欄に「休日」を入力してください。

Ⅲ.基本情報(就業時刻,普通残業時刻,
 深夜残業時刻,休憩時刻,早出)の設定を入力してください。

就業時刻,普通残業時刻,深夜残業時刻,休憩時刻は
 開始終了時刻を「時:分」
 (例 PM5時30分の場合、17:30)の形式で入力してください。

 早出は就業開始何分前に出勤した場合に
 早出残業と判断するか「分」を入力してください。
例:就業開始時刻が9:00で早出分前が60分の場合、
 8:00以前に出勤すると
 出勤時刻~就業開始時刻までを早出残業として自動計算します。

■日次
Ⅰ.該当の日付の「出勤」「退社」を「時:分」
 (例 PM5時30分の場合、17:30)の形式で入力してください。
出勤時刻,退社時刻を入力すると、
 就業時間、残業時間等の時間が自動計算されます。

休日区分が休日の場合は「休出」(休日出勤)が自動計算されます。
Ⅱ.欠勤・休暇の場合は、
「欠勤」欄でリストボックスから選択
(有休,特休,代休,欠勤)入力してください。

■印刷
[プレビュー]ボタンを押下すると、
出勤簿の印刷プレビュー画面が表示されます。
[印刷]ボタンを押下すると、出勤簿が印刷されます。

■保存
入力が完了したらシート(ファイル)を保存してください。
[新規保存]ボタンを押下すると、
ファイル名「出勤簿-氏名年月.xls」として新規保存されます。

[上書保存]ボタンを押下すると、
現在のファイルに上書き保存されます。