★相互リンクで★10万円キャンペーン!!

学校在籍名簿エクセルテンプレートの無料ダウンロード

学校在籍名簿エクセルテンプレート

マイクロソフトのエクセルで
全校名簿から在籍一覧、
学級名簿、
三種類の点検名簿、
全校名列を作成できます。

学校在籍名簿エクセルテンプレートの無料ダウンロード
フリーソフト(無料です)
動作OS:Windows 10
作者:ごっち さん
エクセル2013以降

指導要録のような正式な在籍名簿と
特別支援学級児童が通常学級に配置された
交流名簿を併用して使う学校が増えてきました。

しかし児童も学籍も唯一なので、
二重の在籍になっていると
タブレットや各種オンラインアプリケーションの
アカウントを付与するとき、
間違いが起きやすく、訂正に手間がかかります。

これを管理するには
在籍名簿と
交流名簿を明確に分けなければいけません。

この学校在籍名簿は全校名簿として
最低限の機能に制限することで動作を軽くしています。

これで作った名簿は正規のもの。

「特支対応学校名簿」は
正規からの派生が分かる交流名簿として
活用してください。

アカウント付与はどちらでもできますが、
交流を採用したとき
特別支援学級は学級としてカウントしてはいけません。

【使用方法】

①マクロを有効にします。

②このページにある学校名と年度を入力します。

③担任名と児童名を「担任」「全校名簿」に
 入力またはコピー&ペーストします。

 ピンクとオレンジの項目は自動で入力されます。
 ふりがなは氏と名の間に
 全角スペースを1つ入れてください。

④「全校児童」のメニューの①を押すと
 電話番号を元に兄弟姉妹関係を調べ、
 オレンジの「長子」に〇(記号)をつけます。

 双子は自動でカウントできないので、
 どちらかを選択して〇を手入力します。

⑤「長子」の〇は1種類の電話番号検索と
 関数で表示したので落ちがあります。

 ②の住所順並べ替えで
 兄弟が並んで表示できるので、
 これで手作業にて長子の
 〇を入力して確定します。

⑥ここまで入力すると「在籍」
「しめい」
「氏めい」
「氏名」
「全校名列」が
 自動やマクロボタンで簡単に表示され、
 印刷もできます。

⑦以後「担任」や
「全校児童」を修正すると、
 他のデータが連動して変わります。

※「在籍」「担任」シートの
学級数を増やすことで
中学校や高校にも対応します。