結合セルを含めた行の高さ調整アドイン(エクセル)

EXCEL行の調整アドイン(関数やマクロ使用)

マイクロソフトのエクセルで結合セルを含めた
行の高さ調整アドインAutoFitRowEx ツールです。
 ※マクロや関数を利用したツールを紹介しています。

結合セルを含めた行の高さ調整アドイン(エクセル)のダウンロードこちら 
フリーソフト(無料)です。作者:toowakiさん
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98
エクセル97~2003,2010,2013,2016

エクセルには行の高さを自動調整する機能がありますが、
結合セルに対しては自動調整が一切行われません。
また、
行の 自動調整機能は印刷用に自動調整されているわけではないため、
行の高さを自動調整したにもかかわらず、
印刷時に セルの文末が印刷されないことがあります。

このため、
各セルに比較的長い文を記載した場合、
各セルが文末まで表示されていることを
人が確認し調整するというのが現状です。

これによって、表示されていない文末が存在しても気付かず、
エクセル文書を印刷した際に
ようやく気付くというトラブルが発生します。

本アドインは
「結合セルを含めた行の高さの自動調整」
および「印刷用の行の高さ調整」の機能を備えており、
上記の問題を解決することができます。

2 アドインの機能
2.1 行の高さの自動調整 本アドインを設定すると
エクセルの画面上で右クリックすると表示される
ショートカッメニュー(右クリックメニュー)に
「行の 高さを自動調整」というショートカットが追加されます。

「行の高さを自動調整」を選択すると、
選択中のセルで指定さ れた行に対して、
行の高さの自動調整を行います。
(選択はどの列でもかまいません)

行の高さの自動調整には「表示用」「印刷用」の2種類を用意しています。