エクセル 自分で申告、源泉徴収H30年版

エクセルで源泉徴収作成H30年版

自分で申告、源泉徴収H30年版はマイクロソフトのエクセルで給与所得の所得税源泉徴収に関する、
年末調整分を含む所得税源泉徴収簿、法定調書を作成するソフト(エクセルワークブック)です。

エクセル 自分で申告、源泉徴収H30年版のダウンロードはこちら
フリーソフト(無料です)作者:安井 陽一 さん
動作OS: Windows 10/8/7

※H30年版より、エクセルブックの拡張子を .xls から .xlsm に変更しました。
 それに伴い、エクセル2003以前のバージョンでは動作しません。

作成できる資料は、下記のものです。
 1. 給与所得の所得税源泉徴収簿の第一面
 2. 源泉所得税の徴収状況調(合計分)
 3. 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表、及び税務署用紙直接印刷
 4. 給与支払報告書(個人別明細書)源泉徴収票
 5. 給与支払報告書(総括表)

マイナンバーにつきましては、徴収簿作成メインブック(gensen30)内には保存しません。
徴収票ブック(tyousyuuhyou30)内に保存しますので、徴収票ブック(tyousyuuhyou30)は、
パスワード管理をして厳重に保管してください。

日々の記帳は、徴収簿作成メインブック(gensen30)で行い、
徴収票作成時にのみ、徴収票ブック(tyousyuuhyou30)を使用します。

仕様変更により、メインブック(gensen30)から自動的には徴収票ブック(tyousyuuhyou30)は
開きませんので、両方共開いた後に操作してください。

まず最初に、gensen30の情報を「データ取込」ボタンで、tyousyuuhyou30に取り込んでください。
受給者が増減する時にも、再度実行してください。
gensen30ブックのデータを、tyousyuuhyou30ブックに取り込むときに、
名前の一致しない列の、氏名、マイナンバー等のデータは削除されます。
gensen30ブックのデータを削除すると、tyousyuuhyou30ブックに取り込むときに、
それに対応していた列の、氏名、マイナンバー等のデータは削除されます。
改名による氏名変更でも同様に削除されます。

氏名、マイナンバー(個人番号)は、「tyousyuuhyou30」トップページの、
「データ確認、データ編集」の「データ編集」赤文字ボタンで現れる画面での入力になります。
個人番号は、「tyousyuuhyou30」内に保存されます。
源泉徴収票には直接入力できません。