エクセル重み付け成績処理システム

エクセルで重みづけ成績処理システム

マイクロソフトのエクセルで素点の重みを変えて処理できる
縦名簿形式を横名簿形式に即時変換 小学校専科版です。

重み付け成績処理システムのダウンロードはこちら
シェアウエア(有料です)作者:オリオンさん
動作OS:Windows 10/8/7

・教科を選んで観点を自動設定
・15クラス対応。名簿を貼れば全てのクラスにリンク。
・評価は到達度、順位を見て手動選択入力。即横形式変換。
・2学期の集計欄に1学期の評価が反映される。
・評定は自動。

◆使い方

重みづけ成績処理システム(学級担任版)の姉妹品です。

現場で使っている実績もあるので使い勝手はいいと思います。

①-1 
「■00スタートページ
(専科教科、観点、名簿設定」を開きます。

①-2 
黄色B1セルで「教科」を選択します。
・C10セル~C13セルに観点が設定されます。
・この観点はすべてのシートにリンクします。

② J3セルに受け持っているクラスの
 1クラス目のクラス名を数字2文字で入れます。

 例.4年1組なら41

③ J4セル以降に、1クラス目の名簿を入れます。

④ J2セルの「01」をクリックすると、
 同包しているエクセルファイルの
 「・・・名簿列J」に飛びます。

⑤ 同様に、15クラス分入力できます。

⑥ 受け持ち教科が複数の場合は、
 フォルダーごとコピーして、教科別に使ってください。

その他の使い方は付属のテキストを参照ください。