エクセル個別指導塾自動スケジューリングシステム

エクセルで個別指導塾自動スケジューリング

マイクロソフトのエクセルで夏期講習など、
多くの生徒と講師との日程を調整し自動的にスケジューリングします。

エクセル個別指導塾自動スケジューリングのダウンロードはこち
サンプル版 作者:カナコムさん
動作OS:Windows 10/8
エクセル2010 2013 2016

◆概要

夏期講習など、多くの生徒と講師との日程を調整し、
固定講師優先、講師・生徒組合せの禁止、一人受講条件、
生徒途中空きこまの禁止、同一科目の連続を避ける等の
条件を満たすスケジュールを自動的に作成します。

設定不可の場合、条件を緩和し、
操作性よくスケジュール変更ができます。

講師を1名に対し、生徒一人から二人に対応します。
(ご要望により生徒四人まで可能です)

◆運用

システムを起動すると、メニューが表示されます。

1.初期設定

基本的な条件を設定します。
1)日時 講習を実施する日時。
 講習ごとにこま番号を1から付けます。

2)固定講師 生徒と科目に対し、
 固定したい講師がある場合に登録します。

3)一人受講 生徒と科目に対し、
 一人での受講としたい場合登録します。

4)予約不可 不可となる生徒、
 講師の組み合わせを登録します。

5)講師担当科目 講師ごとに、
 生徒の区分(学年、大学受験など)ごとに
 講義可能な科目を登録します。

2.データ取り込み

生徒の申し込み内容、講師の勤務可能時間を登録します。
現状のシステムがあればそちらから取り込みます。

3.講師出勤日の優先設定

講師の出勤可能日時が多い場合、絞り込みを登録します。
優先とした日時を主体にスケジューリングします。

4.自動スケジューリング

条件を満たすスケジュールを自動作成します。

固定講師のスケジュールを実施後、
残りのスケジュールを作成します。

生徒のこま空きが無し、同じ科目の連続無し、
二人の生徒の科目が同じになることを基本に設定します。
10分程度で完了します。

その他の詳細はダウンロードした
説明テキストファイルでご確認ください。