エクセルFITS上場株式等課税方式有利選択ツールR1

エクセルのFITS上場株式等課税ツール

マイクロソフトのエクセルで上場株式等の
配当・譲渡で所得税(確定申告)と住民税で異なる
課税方式をとりたい場合に試算できるツール。

FITS上場株式等課税方式有利選択ツールR1の無料ダウンロードはこちら
シェアウェアですが、無料のまま使える機能も多い。
作者:A.I.Fプランニング さん
動作OS:Windows 10/8
エクセル 2007以降

本ソフトはエクセル上で、
所得税15.315%・
住民税5%が源泉徴収・特別徴収
された下記の所得を全て入力したうえで、
申告対象の選別パターンを試行錯誤することで、
所得税・住民税や所得合計額などを
試算し有利なパターンを
見極めるためのツールです。

・源泉徴収あり特定口座の譲渡所得
・上場株式等の配当所得・利子所得

上場株式等の配当所得に関しては、
総合課税・申告分離課税両方のケースを
試算することにより、
いずれの方法をとるのが有利かを試算します。

◆シェアウェア版で実装された機能

・簡易型住民税申告書の記載事項を算出 
 ※様式が異なる自治体もあります。

・ふるさと納税を行った場合の所得税額・住民税額を試算。

・国民健康保険料(税)の保険料(税)率の設定が可能に。

・住民税所得割非課税の適用。

・課税総所得金額等1,000万円超で
 配当控除が減額されるパターンに対応

◆作者の今後の展開(2020年2月時点)

次回のシェアウェアは
児童手当所得基準・
国民年金免除所得基準の試算対応版とし、
住民税の納税通知書送達日
(5月中旬)までの公開を予定しています。
(金額は税抜2,000~3,500円を想定)

その他の機能追加は、
外国税額控除対応など想定しておりますが、
令和2年分以降対応版として
2020年秋以降の公開となる予定です。