Excel+VBA 授業時数一覧表(エクセル)の無料ダウロード

エクセルで授業時数一覧表

マイクロソフトのエクセルで新学習指導要領完全実施に
対応した小中学校の年間授業時数一覧表を作成し集計します。

エクセル+VBA 授業時数一覧表の無料ダウンロードはこちら 
フリーソフト(無料です)作者:Tamさん 
動作OS:Windows 10/8/7
エクセル2010/2013/2016/2019

★時数一覧表 の説明

年間の授業時数を計算する小中学校用の一覧表です。

各学級で1年間の授業計画を立てます。

このとき,
教科ごとに年間の合計時数が自動で計算されます。

計算結果の合計時数を見ながら,
標準時数を上回るように修正しながら
計画を立てるのに便利です。

また,実施記録一覧表もあります。

計画表と比較しながら,
標準時数を超えるよう調整しながら,
日々の指導に当たることもできます。

これらの基になる1年間のカレンダーは,
祝日法が変わらない限り
2099年まで自動で計算(自動カレンダー機能)できます。

また,日々の授業計画も,
基本時間割を作っておくと,
計画されていない空きコマにだけ
自動コピー(自動複写機能)することができます。

今まで膨大な時間を
割いて作ってきた計画表が
あっという間にできてしまい,
忙しい年度始めも児童の
傍らに付ける時間が生まれます。

・Excel+VBAで作成。
・年間の授業時数を計算する一覧表です。
・令和2年度からの新指導要領に対応しています。

・小中学校用,3学期制用/2学期制用と
 それぞれ別ファイルで準備してあります。
・教育計画に無理がないかどうかを確認する
 「計画時数一覧表」と
 そのつど実施状況を確認し修正するための
 「実施時数一覧表」がペアで存在します。

・計画時数一覧表では,
 平成19年から始まった「祝日法」に対応した
 自動カレンダー機能を有し,
 祝日法と平成元号が変更されない限り,
 その年によって変化する祝日も全て自動です。
 もちろん,春分の日,秋分の日も自動で計算します
 (2099年まで)。

・長期休業日,
 特別休業日はユーザーによって設定できます。
・各学期用に設定した基本時間割を自動でコピーできます。
  標準時数との過不足を確認しながら修正できます。

・実施時数一覧表においては,
 計画時数一覧を丸ごとコピーし,
 実施状況を修正して入力します。
 実施時数を別の様式(週案等)で集計する場合は,
 この一覧を使いません。

・計画実施集計表と連動し,比較しながら修正できます。
・8月に授業のない学校の場合,簡単に8月を非表示できます。
・本システムには,次のファイルが含まれています。