Tcal(Textcalc)エクセル

Tcal(Textcalc)エクセル

Tcal(Textcalc)はEXCELにインストールすることなく
計算式に見える文字列を出来る限り計算しコメント混在可能なエクセルツールです。

Tcal(Textcalc)エクセルのダウンロードはこちら
フリーソフト(無料です)作者:A.Kasagiさん
動作OS: Windows 10/8/7/Vista/XP
開発&動作環境 Windows10 64ビット+Microsoft Excel 2013
WindowsXP+Microsoft Excel 2007以降Excel 2013まで動作確認済。

エクセルが内部で使用しているEvaluateメソッド(文字列計算関数)に、
Tcal関数が文字列を計算可能な形に加工して引き渡しています。

飛び飛びで表内の集計をするSsum関数(SkipSumの略)を追加。
Ssumの使用方法は ssumシート をご覧ください。
ヘロンや台形、弓形の面積計算等の関数を搭載。
変換後文字列表示関数 Ttcal 搭載。
シートやブックに何らかの処理機能が無いか確認するため、
マクロ関数が受け取った入力文字列表示関数 Itcal搭載。

Tcal関連関数が自動再計算となっていない場合の再計算用ボタン搭載。

※Textcalc及びTextcalc2は内部に計算機能を持っており、
より高度な計算機能を追加したり、
高精度に計算するようにも出来るため、今後の開発ベースに向いています。

※Textcalc3(Tcal3.*)の計算機能についてはExcelのEvaluateメソッドに依存しており、
16桁以上の高精度計算には向いておりません。

使い勝手優先で多くの関数や書式に対応ですが関数パラメータ区切り「,」
と数値の位取り「,」の識別が出来ないと言う問題が出てきてしまい対策が出来ていません。
ただし、
書式設定で見た目だけ「,」で区切って見える数値については問題はありません。

カンマ混じりの文字列を計算する場合は簡易計算関数を使用してください。
使い方はTcalと同じです。
また、
単位記号の括弧での囲み忘れ対策として幾つかの土木系単位の自動認識機能も追加。