工程表ツール(S)エクセル

エクセルで工程表を簡単に作成

工程表ツール(S)はマイクロソフトのエクセルで本格的な工程線を描画することができます。
2018年9月の最新バージョンに更新されました。

工程表ツール(S)エクセルのダウンロードはこちら 
シェアウェア(有料です)
試用中はマクロブック以外の一般のブックに利用できません。
作者:ナッカンファミリーさん
動作OS: Windows 10/8/7/Vista/XP
エクセル2016に対応しました。

付属のインストール用エクセルファイルから簡単にアドイン設定ができます。
詳細な説明用エクセルファイルが付属しています。

描画した線を後から効率的に切断、伸縮、移動線の書式変更等の編集が簡単に行うことができます。

このマクロの特徴
・工程表の線を引く範囲を選択し、或いは始点セルと終了セルを指定してワンタッチで作成できます。
・線の端部をエクセルの標準で用意されているものと円(大きさは自由に設定)から選べます。
・長方形で工程表を作図でき多種の色で塗潰し分りやすくできます。

・ネットワーク工程表で特に必要な引出線は手作業では困難な角部の任意の大きさの面を取ることができ縦方向の角度も指定できます。

・線の位置はセル内の高さ位置を指定できますので予定線の下側に実施工程を引くとき等に威力を発揮します。
・線のセルの中での開始位置と終了位置を指定できますのでセルの途中から作図でき午前午後、日勤夜勤等きめ細かい作図が可能です。
・出来上がった工程線は、移動・切断・伸縮・スタイルを簡単に修正できます。

・切断ではその部分を破線等で自動で補うこともでき作業効率が上がります。

・文字の記入はセルまたはテキストボックスが選択でき、シート[コピー項目]に記載された文字、或いはワークシートに書かれた文字(テキストボックスも含む)から簡単に複写できます。

・長期工程表枠をSheet”表作成”の書式に従って他の一般のブックにExcel2007以降では約5年間/1セル1日の表を作成できます。(Excel2003以前のバージョンでは最大256列に制限されています)

・工程表ツール++(F・S).xlsm と連携してProject表に記載された工程を一気に描画できます。

・実工程に変更が生じた場合、その部分を修正することで関連する後続工程が変更され、タイムリーに変更工程を描画できます(Project表は、工程線を描画することでも自動作成できます)。