★相互リンクで★10万円キャンペーン!!

エクセル上場株式課税方式有利選択ツールR2ふるさと納税プラス

エクセルふるさと納税プラス

上場株式等の配当・譲渡で所得税(確定申告)と 
住民税で異なる課税方式をとりたい場合に
マイクロソフトのエクセルで税額を試算できます。

エクセル上場株式課税方式有利選択ツールR2ふるさと納税プラス
シェアウェアですが
無料のまま使える機能も多い。
作者:A.I.Fプランニングさん
動作OS:Windows 10/8
エクセル2007以降

エクセル上で、所得税15.315%
・住民税5%が源泉徴収・特別徴収
された下記の所得を全て入力したうえで、
申告対象の選別パターンを試行錯誤
することで、
所得税・住民税や所得合計額などを
試算し有利なパターンを
見極めるためのツールです。

・源泉徴収あり特定口座の譲渡所得
・上場株式等の配当所得・利子所得

上場株式等の配当所得に関しては、
総合課税・申告分離課税
両方のケースを試算することにより、
いずれの方法をとるのが有利かを試算します。

◆◆R2ふるさと納税プラスで算出できる機能◆◆

・ふるさと納税がある場合の所得税額
・住民税額を試算

◆下記に該当するケースは、本ツールでは試算できません。

・源泉徴収あり特定口座の数が11以上
 (現行版では4以上)

・配当金計算書が31以上ある
 (現行版では11以上)

・山林所得がある

・勤労学生控除を所得制限を考慮して自動計算

・純損失の繰越控除がある
 (確定申告書Bの第四表に記載するもの)

・雑損失の繰越控除がある
 (第四表に記載するもの)

・居住用財産の繰越控除がある
 (第四表に記載するもの)