品質工学、実験計画法 解析ソフト(エクセル)

EXCEL品質高額ツール

品質工学、実験計画法 解析ソフト(簡略版)は
品質工学、実験計画法のデーター解析ワークシートを自動作成する
エクセルのマクロツールです。
最新版に更新されました!

品質工学、実験計画法 解析ソフト(エクセル)のダウンロードはこちら
シェアウェア(有料です)作者:QCREATEさん
30日間は、機能制限なしで試用可能。
動作OS: Windows 7/Vista
Office2007以降のエクセルが必要

使用する直交表、信号の水準、データーの繰返数、誤差因子と
その水準、標示因子とその水準及び計算するSN比を指定する。
使用する直交表、信号の水準、データーの繰返数、誤差因子
とその水準、標示因子とその水準及び計算するSN比を指定する。

品質工学における「品質」とは(作者サイト添削)
技術によりもたらされる社会、顧客における損失
(公害、事故、故障など)「技術品質」のことを指します。

品質工学は、これらの社会、顧客における損失を最小化します。
品質工学は技術を評価する技術
品質工学は、技術の良し悪しを評価する技術(評価技術)です。
品質工学が適用できる技術領域は、広範囲です。

品質工学実践のお奨め
以下の技術課題をお持ちの企業は品質工学の実践をお奨めします。
●公害や環境問題の未然防止を図りたい。
●競業他社よりも短期間に新しい技術開発を行いたい。
●現在開発をしている新技術の素性を早く見極めたい。
●市場に出す製品の信頼性を改善したい。
●市場からのクレームを低減させたい。
●製品コストを低減したい。
●製造不良を低減したい。
●製造歩留りを改善したい。
●技術者の技術レベルを短期間に向上させたい。