エクセル監督割変換

エクセルで試験などの監督割を個人ごとに入力し、
それを教室ごと(全体)に変換するアプリです。

エクセル監督割変換(学校の試験などの)テンプレート無料ダウンロード
フリーソフト
作者:stdnt さん
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
.xlsx形式のエクセルファイルです。

マクロ機能は使っておらず、
単純で仕組みがわかりやすく、カスタマイズも容易です。

<基本構造>・・・このアプリの仕組みを具体例で示しています。

全体を把握しやすいように小規模データで例示しています。

「使い方」(↓に後述)を読むときに、このタブを見ながら読んでください。

このタブはアプリ本体の動作には影響しません。
説明用として独立したタブです。

<教室コード>・・・教室名と対応するコード番号を入力します。
<各人>・・・先生ごとの監督割を入力します。
<書式>・・・非表示タブです。何も入力しないでください。
<全体>・・・<各人>タブで入力した先生ごとの監督割を、
 教室ごと(全体)に変換した結果を表示しています。
 何も入力しないでください。

1,<教室コード>タブにて、教室名と対応するコード番号を指定します。

2。<各人>タブにて、先生の名前を入力します。

3.<各人>タブにて、監督する時間(黄色のセル)を入力します。

4.<各人>タブにて、各先生の各時間の監督教室を教室コードで入力します。

  教室は、コードの合計をチェックすることでカブリをチェックしています。
  コードにハイフンをつけると(例:23-)合計から除かれます。
 (「無実施教室」のセルに指定したすべての教室の
  コードをハイフン付きで入力しておくと便利です。)

 「×」は「不在」です。コード合計と出番数にカウントされません。
 「×」以外の記号「○」とかはコード合計にはカウントされませんが、
  出番数にカウントされます。本部待機(質問受付)などの役割です。
  コード合計が指定したコードの合計と一致しないと、
  セルが赤くなり警告してくれます。
  この場合、コードがたりない(つまり教室の入力漏れ)か、
  コードが多すぎる(つまり教室のカブリ)がおきています。

5.<全体>タブに、教室ごとに変換された監督割が自動で表示されます。