EXCEL法人税H30(エクセル)

エクセルで平成30年度法人税を計算

EXCEL法人税H30はマイクロソフトのエクセルで法人税、地方税の税額を計算し、申告書
及び概況説明書を作成するエクセルのテンプレートです。

EXCEL法人税H30(エクセル)のダウンロードはこちら
シェアウェア(有料です)作者:CHIE TAOさん
動作OS: Windows 10/8/7/Vista
エクセル2007以降のバージョン(XLSM形式)に対応
(注)エクセル2003以前のバージョン(XLS形式)には対応しません。

出力した別表は税務署等に提出できる様式になっています。

1.対応事業年度について
「EXCEL法人税H30」は、平成30年4月1日終了事業年度より平成31年3月31日終了事業年度まで対応します。

2.地方税の税額計算について
「EXCEL法人税H30」は、非分割法人の地方税額計算を行いますが、事業税の外形標準課税及び分割法人の地方税額計算には対応しません。
なお、
事業税の外形標準課税及び分割法人の地方税額計算に対応するソフトとして「EXCEL地方税H30」を公開しています。

(注)分割法人とは本店以外の他市町村に支店等を有する法人をいい、非分割法人とは分割法人以外の法人をいいます。

■入力方法
(1) 法人税申告30ファイルの基本事項シートの[パスワード]ボタンをクリックしパスワードを入力してください。
法人名等の入力ができます。

(2) 各ファイルの「MENU」シートより入力シートを選択し、黄色の欄に該当事項を入力してください。
緑色の欄は入力事項の計算結果を表示しています。
入力箇所の右上の赤点にコメントを記載しています。
入力の参考にしてください。
(注)シート保護解除を行う必要はありません。

出力方法
(1) 各シートはA4サイズの用紙に出力してください。
シートをまとめて印刷するときは、コントロールキーを押しながら印刷するシート選択タブをクリックします。
(注)計算結果の確認は必ず行ってください。

その他の詳細は付属の使用方法に記載されています。