エクセル KIkabu(Box) 株価解析

エクセルで株価解析

マイクロソフトのエクセルで株価を
ボックスツールで解析し適切な売買銘柄・時期を抽出する。

エクセル KIkabu(Box) 株価解析のダウンロードはこちら
シェアウエア(有料です)作者:井領 邦弘さん
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
エクセル2010-2016

1.概略
・株価が一定の価格帯で上下している状態の事を、
 保ち合い又はボックス圏と言い、その状態にある銘柄の売買を、
 ボックス圏投資法と言います。

・売買方法として、A.圏内新規買い、B.上抜け新規買い、
 C.圏内新規売り、D.下抜け新規売り、の4種類があります。
   
(A.圏内新規買い:圏内安値線付近で買い上昇後で売る。

 B.上抜け新規買い:ボックス高値線超えで買い上昇で売る
 C.圏内新規売り:圏内高値線付近で売り下降で買戻し。
 D.下抜け新規売り:ボックス安値線超えで売り下降で買う)

・Webから取得したデータを、解析して「買い検討」
 「売り検討」のシグナルを出します。

・ボックス圏解析「圏内売買」チェックして実行で、
 A.圏内新規買い、C.圏内新規売り銘柄を抽出します。

・ボックス圏解析「圏放れ期待」チェックして実行で、
 B.上抜け新規買い、
 D.下抜け新規売りを銘柄を抽出します。

(なお、「圏放れ期待」チェックでの実行は、
 株売買高級者の短期勝負参考用機能であり、
 一般の使用は推奨していません)

・本ソフトはシェアウエアです。
 体験版は、試用期限は2週間の制限があります。

◆操作について

ブックを開く
(1)エクセル2010/2013のケース
・エクセル2010は、KIkabu(Box).xlsを開くと
 「アドイン」が追加される。

 「アドイン」クリックし、表示された
 「KIkabu(Box)」クリック後に実行する項目をクリックする。

(2)エクセル2003のケース

・エクセル2003は、KIkabu(Box).xlsを開くと
 ワークシートメニューに「KIkabu(Box)」が追加される。

 メニューより実行する項目をクリックする。