エクセルファイルシート一覧マクロ~ST機能対応~ビジネス用

エクセルのファイルシートを一覧取得

マイクロソフトのエクセルで簡単に指定フォルダ内の
全フォルダ、ファイル、シートの詳細情報を一覧出力
ユーザマクロの登録・起動対応。

エクセルファイルシート一覧マクロのダウンロードはこちら
フリーソフト(無料です)作者:EC研究所さん
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/2000
エクセル2007以降(32bit)

このマクロは、次の2つの処理を行います。

<1> 誰でも簡単!
フォルダ一覧やファイル一覧、エクセルシート一覧の取得

<2> ST機能
シンプルなマクロを作成しセットすれば
一括処理が実現 (マクロ初級者~中級者向け)

なお、
・「フォルダ」とは、データを入れる入れ物のことで、
例えば c:\Temp や、C:\Windows などがあります。

・「ファイル」とは、テキストファイル、画像ファイル、
ワードファイル、エクセルファイルなど、いろんな種類があります。

・フォルダの中には、ファイルを収録したり、
入れ子にフォルダ ( =サブフォルダ ) を収録できます。

・特に 「エクセルファイル」 のとき、「エクセルブック」や
単に 「ブック」 と呼ぶことがあります。

・エクセルブックには、複数の 「シート」 が収録できます。

誰でも簡単!フォルダ一覧やファイル一覧、
エクセルシート一覧の取得。

・ フォルダを指定して実行するだけで、
 指定したフォルダに中に含まれる
 フォルダやファイルの一覧を取得します。

・ 取得できる情報は、計100項目以上。 
 サイズ、更新日時をはじめ各種のフォルダ情報、ファイル情報、
 さらにエクセルファイルのときは、
 エクセルファイル情報、シート情報など充実。

・ 特にシート情報では、印刷ヘッダー、
 最終使用セル位置などとても充実しています。

 詳しくは、シート「ファイルシート一覧ST」のシートを
 右側へスクロールして確認してください。

・ さらに、「現在オーブン中のエクセルファイル一覧」
 も取得できるようになり、お手軽になりました。

その他、、
・ フォルダ階層の深さの指定や、
 出力するファイルの拡張子の指定なども対応。

・ 取得する情報は、
 フォルダとファイル、フォルダのみ、ファイルのみが選べます。

・ エクセルファイルのとき、シート情報を取得するか選べます。