エクセル 元年分減価償却費の計算と明細表の作成の無料ダウロード

エクセルで元年分減価償却費の計算

マイクロソフトのエクセルで減価償却費
(旧定額法・定額法・旧定率法・19年定率法・24年定率法)
の計算と明細表の作成まで出来る。

エクセル 元年分減価償却費の計算の無料ダウンロードはこちら
フリーソフト(無料です)作者:古川 頼之さん
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP

資産1個につき、1枚のシートに記入します。

1 定額1~15シートは、
 旧定額法(19年3月31日以前取得)と定額法
 (19年4月1日以後取得)用です。

1 シートに、 1 種類で計算します。
 定率1~5シートは、
 旧定率法(19年3月31日以前取得) と
 定率法(19年4月1日以後取得)、
 定率法(24年4月1日以後取得)の3種類
 の計算が可能ですが、
 1 シートに、 1 種類で計算します。

新規のシートの入力は取得価額と
前期末帳簿価額は同額となります。

また、決算年度も取得年度末となります。
「決算年度」には、資産を取得した
年の直近の決算年度を入力します。

法人の場合は、資産を取得した年の期末の年度。

個人の場合は、資産の取得年度を入力します。

この年度が、当期の年度と一致する行の
データを償却費の明細合計に転記します。

期間の中途から入力する場合は、
前期末帳簿価額と改定取得価額の両方を入力します。

定率法の、改定取得価額は、
当初の価額をその資産を廃棄するまで
永久保存します。

2 明細合計は、定額法1~15と、
 定率法1~5のシートから決算年度の
 データのみを転記したものです。

 明細合計は、定額1シートから
 定率5シートまでの明細書の決算年度に合致した、
 塗りつぶし行の算出償却額
 ・期末帳簿価額が 記載されます。

 定額・定率シートの取得価額に
 金額のないものは、上に詰めて記載します。

3 明細貼付用は、明細合計から、
 一行又は2行以上まとめて貼付け、
 税務申告用に使用できます。

① 貼付け先(明細貼付用)の貼付けたい場所の

 セルは、すべて結合は解除しておきます。

 解除していないと貼り付けできません。

② 貼付け元(明細合計)の貼付けたい場所を、
 クリックでなぞってコピーして、
 値のみを明細貼付用に貼付けます。

③ 同様に、書式(設定)を明細貼付用に貼付けます。
 貼り付けは、値と、書式と別々にしてください。

④ 貼付けが終わったら小計と
 合計をして表を完成させます。

4 明細移動用 (明細合計から移動させます。)

① 摘要欄の右側のNo 1~22までの番号(青数字)は、
 摘要合計のデータの行番号(右端欄外青字)を入力します。

② 明細合計の行番号を入力して、
 データを明細合計から明細移動用に必要な行を

 個別に選択して1~20を入力(順不動)します。

 0 又は、22以上の数はデータを表示しません。
 青の数字を訂正します。数字(緑のNo)は、
 実際の行番号です。修正しません。

③ 移動が終わったら小計と合計をして表を完成させます。